Chrome サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 さてどうする!?

Security

Chromeでとあるサイトにログインしようとパスワードを入力したら!!!

サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。とのポップアップが表示されました>_<;

xxxサイトで入力された、IDとパスワードの組み合わせが、googleが保持している漏洩した情報に存在するということのようです。

この機能はなんなのか!?

突然出てきたので・・・

chromeのURLのセキュリティー設定を開くと以下のような表示があります。

chrome://settings/security

機能としては、このデータ侵害によりーのところになります。

このIDとパスワードの組み合わせをgoogleが知っているということで。第三者がこのデータを利用してログインできる可能性があるということになります。。。

まずは、パスワードを変更しなければいけません・・・

ということで、この組み合わせを利用しているパスワードを変更します。

サイトごとに別の組み合わせを利用する!

一つのサイトで漏洩したときに他のサイトで利用されてしまわないようにすべてのサイトでパスワードを変更する必要があります。

IDはメールアドレスを利用しているので・・・ということですが

お勧めの方法は

gmailを利用している方であれば、簡単に複数メールアドレスを利用可能!!!

[アカウント]+abc@gmail.com と+abcとつけるだけで好きなだけメールアドレスを利用できます。送付先はすべて[アカウント]@gmail.comになります。

重要なサイトではメールアドレスも特定できるように たとえば アカウント+bank@gmail や アカウント +ashop@gmail などのようにサイトごとにメールアドレス(ID)を変ていくことができます!

もしも +xxx部分でスパムが来たらそのサイトからメールが漏洩したということもすぐわかります^^;

パスワードについてもキーワードを決めて、サイトごとに法則を決めて 組み合わせてパスワードを作ると覚えやすくなります。

全く身に覚えがなくても・・・パスワード変更を。

もう漏洩していることは確定なので・・・パスワード変更して対応しましょう^^

大事なサイト・サービスでは二段階認証もお忘れなく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました