GoToトラベル、条件変更 12/2 更新

== 以下 12/2更新 ==

東京、出発、目的ともに?
65歳以上、基礎疾患を持っている方?
GoToトラベル利用自粛を要請!
12/17までの予定(飲食時短要請に合わせ、開始は未定
キャンセル料は負担なし、35%まで国の支援あり(札幌市、大阪市と同様になる見通し

詳細は、数日内に発表されるそうです。

=== 以下、11/27 確認分 ===

一転、目的地だけでなく、出発地としての札幌市、大阪市も自粛要請となりました。対象外となるかなど詳細予約した事業者にご確認ください!

札幌市、大阪市を目的とするGoToの一時停止!

  • 11/24 – 12/15 までの札幌市、大阪市を目的地とする旅行(宿泊地でしょうか?
  • 新規受付停止
  • 既存の予約も対象外!(12/1までに出発の場合は対象
  • キャンセルは 12/3 まではキャンセル料負担なし!

詳細は必ず予約事業者に確認してください!

=== 以下 11/24 まで ===

菅総理がGoTo制限について言及しましたが現時点では未定?

まだ確定していませんのでまた確定次第。

  • 新型コロナ感染拡大地域(全国的に拡大していますが・・・)への旅行
  • 新規予約?
  • 3週間程度の停止期間内は割引なしに!!!
  • キャンセル料は国が負担
  • 宿泊事業者へは35%程度の支援の可能性(23日赤羽大臣

今のところこんな感じのようです。

ツアーで集団で食事などしなければ、GoToイートに比べるとリスクは低いと思いますが、難しいですね。

GoToが広めたというとエビデンスはありませんが、移動した人が広めたと言い換えれば当然それ以外ないので。無症状者が移動することで各地域に広がるということは当初から言われている当たり前のことで。

旅行に限らず、マスクして距離をとり密を避け食事や会話(呼吸(運動時など))に注意して、手洗いうがい、消毒などできることをやりましょうというだけですね。

個人旅行で外を散策するなどは全く問題ないはずです。(それでも流行がひどくなれば止める必要があるかもしれませんが。

https://goto.jata-net.or.jp/

  • 2020.10.30 Go To トラベル事業における泊数制限の導入について
  • 2020.10.29 Go To トラベル事業の支援対象とする旅行商品の基準・考え方の明確化について
  • 2020.10.29 「コンパニオンサービスを含む旅行商品」の取扱いについて
  • 2020.10.23 「合宿免許商品」の取扱いについて

こんな感じで条件の追加されています。

合宿免許やコンパニオンサービスなどは、宿泊・移動に関係ないサービス部分を割引対象から除くと当然でしょうね。
ビジネスホテルでクオカードなどつけたり、近所の飲食店と連携して食事券をセット販売している宿などはダメということになりそうですね。

通常の旅行の場合に気にするところは 同じ宿に7連泊までしか割引対象にならない!というところです。

  • 宿泊施設、7連泊までが割引対象
  • ツアーなどの場合、7泊までが割引対象

まあ普通の旅行であればあまり関係ありませんね

ちょっと2週間豪遊などのときは気をつけたほうがいいかもしれません。

航空券パックでも楽天トラベルの場合、宿を個別に選べるので大丈夫かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お気軽にコメントいただけると嬉しいです!
質問や気になる商品・サービスなどについてなんでも!
名前はハンドルネーム、emailも仮で適当な文字を入力いただければ問題ありません。